ヒント集はじめにWebセーフカラー画像ファイルの形式>文字コードとフォント指定>簡易用語集

フォント指定
ユニオンページでホームページを作成する場合、フォントを指定する設定項目はありませんが、Wordでデザインしたページをそのままページエディタに貼り付ける場合には表示フォントに対して注意が必要です。
ホームページを見ているユーザーが使っているパソコンにそのフォントがインストールされていないと、別のフォントに置き換わって表示されてしまうからです。
Wordでデザインしたページをページエディタに貼り付けると、下のようなメッセージが表示されます。
フォント指定貼り付け画面

「FontタグのFont属性を無視します」という項目がありますが、このチェックをはずす際には注意が必要です。

例えば、左の画面のように、様々なフォントを使ってデザインした文書をFont属性をそのままにして貼り付けると、ホームページを見ているユーザーが使っているパソコンにそのフォントが入っていない場合、作成者の意図したものとは違うデザインで表示される可能性があります。

Windows、Macintoshではインストールされているフォントに違いがありますので、意図的にフォントを指定してロゴやタイトルを作りたい場合は、画像としてページに貼り付けるほうが良いでしょう。

Windows標準フォント Windows、Macintosh共通欧文フォント
Windows標準フォント Win、Mac共通欧文フォント
<前のページへ | 次のページへ>



ヒント集はじめにWebセーフカラー画像ファイルの形式>文字コードとフォント指定>簡易用語集