ヒント集はじめにWebセーフカラー>画像ファイルの形式>文字コードとフォント指定簡易用語集

画像ファイルの形式
ホームページで使用される画像ファイルの形式には主に以下の3つがあります。それぞれ特徴があるので用途に応じて使い分けるとよいでしょう。
  PNG GIF JPEG
写真サンプル PNG写真サンプル GIF写真サンプル JPEG写真サンプル
テキストサンプル
(水色の背景に画像を貼り付けています)
PNG透過あり GIF透過あり JPEG透過なし
主な用途 写真
アイコン
テキスト
アイコン
テキスト
写真
透過処理* 不可
アニメーション 不可 不可

サンプルを見てわかるように、写真のようにグラデーション効果が要求されるような画像はPNG・JPEGがよりきれいに表示されます。
逆に、テキストのようにシャープなエッジが要求されるような画像はPNGやGIFがよりきれいに表示されます。 また、透過処理(画像の背景を透明にする処理)ができるのもPNGとGIFの特徴です。ただし、PNGは対応ブラウザがInternet Explorer 4.0以上、Netscape 4.04以上とされているので、それよりも古いブラウザを使用しているコンピュータでは表示することができません。

*Windowsで使用されるビットマップ形式(bmp)は一般的にはWebには使用されません。
*Netscapeの古いバージョンでは透過処理が行われない場合があります。

<前のページへ | 次のページへ>



ヒント集はじめにWebセーフカラー>画像ファイルの形式>文字コードとフォント指定簡易用語集