ホームページ作成機能>ホームページを作ってみよう>コンテンツラックを作る1
PREV MENU NEXT
3-5. コンテンツラックを作る
サンプル画面

最後にコンテンツラック(画面右部分)を作成します。
コンテンツラックは必須表示ではありませんので必要に応じて作成します。

このサンプルでは上から順に「ログイン情報の変更」、「更新情報パーツ」、「画像スライドショーパーツ」、「テキストエディタパーツ」でコンテンツラックが設定されています。

「ログイン情報の変更」は会員が自らのパスワードや属性を変更する画面にログインするためのパーツです。

ステップ1. テキストエディタパーツを作る
  テキストエディタパーツ設定 「各ラックの詳細設定」を開き、「テキストエディタパーツ」欄の詳細設定 ボタンをクリックします。
  テキストエディタパーツ詳細設定 ページエディタが起動するので、表示する内容を記載し、保存ボタンをクリックしてから閉じるボタンで画面を閉じます。

ページエディタは「3-4. ページを編集する」で説明した機能を全て備えていますが、表示部分の幅は200ピクセルに限られています。

200ピクセル画面横幅200ピクセル
     
     
ステップ2. 画像スライドショーパーツを作る
 
'06リゾート施設紹介
 
今夏、利用可能なリゾート施設をご紹介します。

「再生」をクリックすると画像スライドショーのデモが始まります。
[再生] [停止]

画像スライドショーパーツを作るには、事前に使用する画像を用意する必要があります。

スライドショーは画像表示を一周すると停止します。

  ファイル管理 「ファイル管理」をクリックします。
  サブフォルダを追加 「公開用フォルダ」をクリックし、続いて「サブフォルダを追加」をクリックします。
  サブフォルダ名を入力 任意のフォルダ名(ここではslideshowとします)を入力し、「OK」をクリックします。このフォルダ内にスライドショーで使用する画像を保存します。
  ファイルを追加 「Slideshow」フォルダをクリックし、続いて「ファイルを追加」をクリックします。
  画像を指定 「ファイルの追加」画面がポップアップするので「参照」ボタンをクリックし、自分のパソコン上に用意していた画像ファイルを指定します。
*ここでは画像ファイルを5つ用意しています。
*画像の横幅は150ピクセルに制限されています。これよりも大きな画像を指定した場合は、自動的に150ピクセルに縮小されます。
  アップロード 「追加」ボタンをクリックし、画像をアップロードします。
これで画像準備が完了なので、このウィンドウを閉じます。
次にスライドショーパーツを実際に作成します。
  スライドショー詳細設定 「各ラックセットの詳細設定」メニューから「スライドショー」の詳細設定 ボタンをクリックします。
  スライドショー詳細設定画面 「スライドショータイトル」、「スライドショーコメント」を記入し、「画像フォルダ設定」で先ほど作成したフォルダを指定します。

「画像フォルダ設定」欄のトグルボタンをクリックします。
  画像フォルダ選択 公開フォルダ内の"Slideshow"フォルダのラジオボタンにチェックを入れます。
「設定して閉じる」ボタンをクリックします。
  スライドショー詳細設定 「スライドショー詳細設定」メニューに戻るので、「クリック時のリンク先」を選択します。
「クリック時のリンク先」とは、スライドショーの画像をクリックした時にメイン画面に表示させるページのことです。
  保存して閉じるボタンをクリックして画像スライドショーパーツの設定は完了です。
     
ステップ3. 更新パーツを作る
  更新情報パーツ

更新パーツを設定します。

「各ラックセットの詳細設定」メニューから「更新パーツ」の詳細設定 ボタンをクリックします。

  更新情報詳細設定 「設定期間」と「表示種類」を指定して保存して閉じるボタンをクリックします。
*更新情報の対象となるのはページのみです。ニュースログや掲示板への書き込みがあっても更新情報には反映されません。
これでコンテンツラックの設定は完了です。次は、ラックセットの作成を行います。

>>> 続く



ホームページ作成機能>ホームページを作ってみよう>コンテンツラックを作る1
PREV MENU NEXT