ホームページ作成機能>ホームページ作成の概要2
PREV MENU NEXT

>>> 前のページの続き
 
ステップ3. メニューを作成する
  メニュー&ページ設定画面

全体の設定とトップページのデザインができたら、次はメニューとサブメニューの設定を行います。
メニューには、ログイン前に表示されるメニュー作成用の「ルートメニュー(オープン)」とログイン後の会員専用メニュー「ルートメニュー(会員)」に分かれています。

ページ作成はページ編集をクリックして操作します。(ページエディタが起動します)

各メニューの中にサブメニューがある場合は、アイコンがフォルダになり、サブメニューボタンが表示されます。

     
ステップ4. ページエディタで各ページを作る
  ページエディタ画面 ページエディタはワープロのようにページを作るユニオンページ独自の機能です。
Microsoft Wordのツールバーに類似した各種ボタンを配置し、表作成から文字サイズ・色などの変更も簡単に行えます。

作成した内容はプレビューをクリックし、HTML表示(ホームページの表示形式)ができます。
     

 

これでホームページは完成です。

他にもユニオンページには独自のユニークな機能が搭載されています。それが「ラックセット」です。
ラックセットとは、各種の機能を持ったアプリケーションの集合体です。このラックセットに組み込める機能は、更新情報パーツ、画像スライドショーパーツ、テキストエディタパーツです。
各パーツは独立した機能として動作し、必要に応じて表示/非表示を管理者が選択できます。

*ラックセットの設定はホームページを作成する上での必須機能ではありません。

 
◆ラックセットをつける場合は
  ラックセット作成画面 ラックセットを表示ホームページ
  各ページごとにラックセット内のパーツ順序を変えて、別々のセット名として登録しておくことができます。
     
◆ユーティリティーを使いこなす
 

サーバーへのファイル転送は、一般的なレンタルサーバーやホスティングサービスのようにFTP機能を使用できません。
ファイル管理を目的とした操作を行う場合は、「ファイル管理」から行います。

 
ファイル管理画面 ファイルの追加画面 参照をクリックしてパソコンからファイルをユニオンページにアップロードします。
  並び替え 名前、ファイルサイズ、種類、更新日時による並び変えも可能です。
  名前を変更する 名前を変更する場合は、nameをクリックします。
 
ホームページ作成メニュー ■ホームページ表示 (PC) ■サイトマップ表示 (PC) ■サイトマップ表示 (携帯)
PCサイト表示 PCサイトマップ表示 携帯サイトマップ表示
■ホームページ表示 (携帯)
携帯サイト表示


ホームページ作成機能>ホームページ作成の概要2
PREV MENU NEXT